メインイメージ

ストレスと高麗人参

ストレスと言えば、誰にも避けられないもの、当たり前のものと言ってしまえば確かにそういう側面もありますが、ストレスは、あまりにもしばしば、命にかかわる病気の原因ともなります。

ただ、適度なストレスはむしろ健康に良いと言われます。
問題になるのは加須のストレスで、生活習慣病の80%は過度なストレスが原因とさえ言われています。

ストレスは脳の視床下部を刺激して、自律神経を介して全身へ伝えられます。
同時に副腎髄質系が刺激され、副腎皮質はストレスホルモンを分泌します。
このストレスホルモン(コルチゾール)が交感神経を刺激し、末梢神経の持続的収縮が起きます。
この結果起きてくるのが血流障害です。

結果として高血圧動脈硬化糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、不眠、肩こり、皮膚炎、脱毛などさまざまな症状を現じます。
がんになる確率も高まります。

このように、たかがストレス。
されど命の危険にかかわる病気の原因になっていることは明らかです。

高麗人参がストレスの緩和に効果があることは、科学的に実証されています。
ストレスの増加により、血中に「好酸球」が増加することが知られていますが、高麗人参のラットに対する投与実験で、好酸球の減少が見られたという実験結果が、1963年に報告されました。
この実験結果は、ラットのストレスが高麗人参によって軽減したことを示しています。


また、21世紀に入ってからは、高麗人参に含まれるサポニン代謝物「M4」と副腎皮質細胞とを一緒に培養したところ、ストレスホルモンの生成を極端に抑制したという結果がレポートされています。

このように、高麗人参の主要成分であるサポニンが、ストレスホルモンの分泌を強く抑制し、ストレス緩和に効果があることがはっきりしています。

また、ストレスによって赤血球は固くなり、「末梢循環障害」を起こしますが、高麗人参がこの末梢循環障害を緩和し、精神的な興奮を和らげる効果を持っていることも明らかになっています。