メインイメージ

リウマチと高麗人参

リウマチは、現代医療では治療が困難な難病とされています。
リ患者数が最も多い「関節リウマチ」は、関節が炎症を起こし組織が破壊されていくため、たいへんな痛みを伴い、身体機能が損なわれていきます。
この病気の原因はわかっておらず、治療にはリウマチ薬などが用いられますがきわめて副作用が強く、リウマチの治療薬の副作用によって感染症、間質肺炎で亡くなる人がひじょうに多いと言われています。

リウマチの人は免疫力がひどく低下しているので、ここに高麗人参を用いることで、高麗人参の免疫力向上作用によってリウマチの症状が改善することが知られています。
高麗人参が血流をよくし新陳代謝を活性化するため、免疫力が向上するのです。

また、慢性リウマチや関節リウマチの発症の原因はさまざま指摘されていますが、ストレスと密接な関係があるらしいということがわかっています。
ストレスがかかると、副腎皮質細胞がコルチゾールという物質を生成しますが、これは「ストレスホルモン」と呼ばれ、末梢神経を興奮させてしまうため末梢神経を収縮させ、血流が悪くなってしまいます。

血流が鈍ると新陳代謝が低下するため、慢性的な冷え、肩こり、便秘などの身体的な症状に加え、不安、不眠、自律神経失調などの精神症状も現れてきます。
これらは複雑多岐な症状に見えてその実、過度なストレスによるものと言えます。
高麗人参のサポニンは、副腎皮質細胞のストレスホルモン生成を阻害する働きがあるため、結果として上記のような症状を緩和してくれるのです。
こちらのサイトには、自然治癒を高めたり抵抗力をつけてくれる高麗人参についての解説ページがあります。とても参考になりますので、よろしければご覧ください。
高麗人参を摂取すると、交感神経と副交感神経のバランスが整い、気分が安定してきます。
また新陳代謝が高まるので解毒・排泄が促進され、血液が正常化して血流もよくなります。

リウマチはストレスによって起こり、痛みや手足のこわばり、冷えといった身体的症状に加え、不安、不眠、自律神経失調といった精神的症状が起こりますが、高麗人参はこれら両方を緩和します。

また、リウマチ性貧血の症状緩和にも、高麗人参は効果があることがわかっています。