メインイメージ

メタボと高麗人参

メタボに高麗人参は効果があると言われています。

メタボとは、「内臓脂肪型肥満」のことと一般には認識されており、いわゆる肥満体とは別に、「メタボ体型」などと表現されたりしますが、メタボという言葉は、1998年にWHOが公表した言葉で、正確には「内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、高脂血症のうち2つ以上が併発した状態」のことを指します。<

いずれにせよメタボは、生活習慣病の代名詞。
いわゆる予備軍も含めると、わが国に2,000万人いると言われています。

とにかく、メタボは動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞、脳卒中といった命にかかわる病気の引き金になるとされています。
上の記述を読んで、「メタボ体型というだけなら大丈夫」などと思うのは大間違いで、高血圧高血糖、高脂血症のいずれか一つでも動脈硬化になるリスクはきわめて高いですし、今そうでなくとも、「メタボ体型」はまさしく致死的疾患への”危険信号”と言えるのです。

ところが、このメタボは、「運動療法」と言って、ある程度の運動をする習慣をつけることで、かなり改善することがわかっています。
内臓に付く脂肪は、運動によって最初に燃える脂肪だからです。
さらには食生活を改善する「食事療法」や、禁酒禁煙といった習慣改善もメタボには有効とされています。

とは言っても、生活”習慣”病とはよく言ったもので、そうした習慣を改善できないために、少なくない人が命を落とすまでに至るのですから恐ろしいのです。

そこで高麗人参によるメタボ改善ですが、
● 血圧を下げる作用
● 血中のコレステロールを分解・排出する作用
● 善玉コレステロールを増加させる作用

という3つの作用によって、高脂血症や高血圧による動脈硬化を防いでくれます。

上記3つの高麗人参の薬効は、すでに科学的に認められています。
話は前後しますが、メタボが引き起こす動脈硬化は、いわゆる悪玉コレステロールの増加が原因とされているので、高麗人参はメタボ改善に確実な効果があるわけです。