メインイメージ

花粉症、気管支喘息に効く?

花粉症、気管支喘息、アトピー性皮膚炎など、すべてアレルギー性の症状と言えます。

アレルギー反応は、免疫機能の過敏反応と言われます。
免疫機能の過敏反応とは、要するに免疫機能の異常ですが、それが起きる原因ははっきりとはわかっていません。

ただ、高麗人参には免疫機能の正常化作用があります。
もともと免疫機能とは、身体に侵入した細菌やウイルスを異物とみなし、これを殺すかもしくは対外に排除しようとする働きであり、この機能が弱まると、風邪をはじめとした感染症にかかりやすくなります。
高麗人参はこの免疫機能を正常化し活発化させる働きがあるので、風邪やウイルス性肝炎などを予防したり治したりする作用があります。

これと同じ理屈で、免疫機能が正常化すれば、本来排除する必要のない花粉やハウスダストなどを異物とみなす”勘違い”をなくし、花粉症や気管支喘息などのアレルギー症状も緩和するわけです。

ただし、例えば花粉症の場合、花粉が自動車の排気ガスに含まれる有害物質と結合して出来た物質に反応するとも言われ、そうなるとあながち「アレルギー反応を起こす必要が本来は無い」とも言えず、事は単純ではないとも言えます。
ただ、花粉症になる人はあくまでも少数派で、排気ガスの濃い所に住む人ほど花粉症の罹患率が高いというデータはあるものの、「花粉症=免疫機能の過剰反応」という図式を崩すまでには至りませんので、高麗人参による治癒の余地が有ると考えるのが妥当です。

また、子どもがよくかかり、大人になっても治らない例が多数あるアトピー性皮膚炎は、ほとんどの場合顔に症状が強く出るため、願望が独特の赤みを帯びた状態や乾いたような不自然な状態になるため和解日と特に女性にはコンプレックスの原因ともなる重大な病気です。
第一に、強いかゆみを伴うためひじょうに不快で、また掻けば掻くほど悪化するという厄介なものです。
子どもがかかった場合情緒の不安定など精神的な不調を招きかねず、きわめて問題の多い病気です。

このアトピーにはステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)が有効とされますが、高麗人参には副腎皮質ホルモンの分泌を促進する効果もあり、アトピー性皮膚炎の改善が期待できます。