メインイメージ

二日酔いに効く?

二日酔い字体は病気とは言えませんが、身体からのひとつの警告信号と言えるでしょう。

二日酔いは、つまり前日の酒が残っている状態です。
アルコールは肝臓で代謝されて水を生じますが、これを化学的には中和と呼び、すなわちアルコールが消えた状態です。
要するに、アルコールを肝臓が中和できないほど多量に飲むと二日酔いになります。

残ったあるこー津は脂肪に変じ、脂肪肝の原因になるとも言われます。
酒を過度に飲む人が肝臓を悪くするのは、単純に肝臓の疲弊ということだけではなく、肝臓に結果的に脂肪が残留することがあります。

つまるところ、二日酔いは直すことよりも二日酔いをしないように酒量を調節することがより重要であるということになりますが、仮に二日酔いになったとしても、体に残ったアルコールをすばやく代謝してやるようにすれば、肝臓が疲れたり脂肪肝になったりという心配もなくなるわけで、そこに高麗人参は著効を現すことが知られています。

二日酔いになると強い頭痛、食欲の減退、吐き気、のどの渇きなどが起きてきます。
下痢を併発する場合もあり、結果として身体機能も落ちてきます。

高麗人参には、肝機能を高め、アルコールの代謝を促進する作用があります。
これだけで二日酔いの症状改善に効果を発揮しますが、加えて、熟睡できる、気分が落ち着く、食欲が出てくるなどの鎮静作用があるため、これらの相乗効果によって、二日酔いの諸症状は劇的に改善します。

もしすでに肝機能障害が起きていて、アルコール代謝が悪いために二日酔いになったとしても、二日酔いの症状自体は高麗人参を摂ることによって大幅に改善します。
そして、高麗人参の継続摂取によって、肝機能障害も改善されると言われています。
ただし、年齢とともに、あるいは体調によって酒に弱くなることはあるとしても、肝機能を高め肝臓病を予防するためにも、高麗人参を対症療法的に摂取することと同時に、継続的に摂取することをおすすめします。

また、二日酔いになって辛い思いをしてから高麗人参を摂るよりも、お酒を飲む1時間くらい前に高麗人参を飲むと、二日酔いしないと言われています。
こちらのサイトcungcapmaychu.comでは、痛風に効く健康食品を紹介しているようです。お酒が好きな方は必見のサイトです。