メインイメージ

不眠解消にも効果?

不眠に悩まされる人は、そうでない人が想像する以上に多くいます。
不眠または不眠症とは、眠れない病気ではなく眠れないことを悩む病気である、と言われることがありますが、実際に不眠に悩む人がついに眠ることを諦め、ろくに眠らずに生活してみたところ、突如眠りに落ちたりひどい場合は倒れたりして、ひじょうに拙い事態になることがよくあります。

つまり、不眠とは、眠る必要が無いから眠れないのではなく、むしろ眠らなければならない状態にあるのに寝つけない、また寝ついても眠りが浅くすぐに目が覚めてしまう、眠くなったと思ったらおしっこがしたくなりトイレに立ったら目が冴えてしまうなど、明らかに睡眠に障害が生じている状態です。

眠ることを試みて一日中布団に入っていられればまだ良いのでしょうが、普通は起きなければならない時刻というものがあるため、眠らなければと思いあせってしまうのですが、あせればあせるほど興奮してきますから普通はそれでは眠れません。
そうなると今度はイライラしたりして、もっと興奮してもっと眠れなくなります。
あまりにも興奮すると、今度は布団に入ってもいられない、言わばいても立ってもいられない状態になり、これではけっして眠ることはできません。

あまりに強いストレスにさらされると不眠になると言われ、それは自律神経がストレスによってバランスを失い、副交感神経の賦活を交感神経が妨害しているような拙い状態にあるということになります。
普通は、身体が疲労を感じ、かつ夜という人間が本来眠るべき時間になると体内時計が働き、交感神経は弱まり副交感神経が働きはじめます。
不眠はこのような自律神経の切り替えが正常にできていないときに起こります。

高麗人参の主要成分であるサポニンは、自律神経のバランスを正常化し、本来あるべき状態に戻す調整作用があります。
また、高麗人参には単純に精神を安定させる効果もあり、不眠にはひじょうに効果的と言われます。

また、ストレスは減らそうと思って減らせるものなら誰も苦労しませんが、高麗人参は抗ストレス作用もあるため、ストレスに強い身体と精神を作ってくれる働きもあります。