メインイメージ

男性機能回復できる?

いわゆるED(勃起不全)が高麗人参で快癒したという報告は、医学の分野では残念ながらありません。
が、EDの原因の一つとして知られる過度のストレスには、高麗人参はその効果を発揮することはすでに述べたとおりです。

また、高麗人参は女性の不妊治療には効果があるとされています。
女性の不妊の原因の一つと考えられるのが、女性ホルモンの不足とされていますが、高麗人参にはホルモンバランスを正常化させる働きがありますので、待望の赤ちゃんが授かる可能性は増すと言えるでしょう。

さて男性機能の話に戻りますが、男性のEDは、精子製造能力の低下と関係がある場合があります。
つまり、精子を作る機能が向上すれば、男性自身も活気に満ちてくるということは十分にありえることです。

精子がまったく作られない無精子症や、精子の生成量が異常に少ない乏精子症では、当然に不妊につながります。
男性側に原因がある不妊という意味で「男性不妊」とも呼ばれますが、男性機能自体にはまったく不安や支障が無いケースも多く、精子が少ないことが勃起不全につながるとは限りません。

高麗人参には精嚢内のDNAやタンパク質の合成を促進する働きが認められており、乏精子症に効果があると言えます。
高麗人参を投与したラットの精嚢の重さが40%も増加したというレポートがあります。
また、臨床試験でも、乏精子症の男性に高麗人参の抽出液を与え3年間にわたり観察したところ、50%の被験者に「精子数の増加」および「精子運動率の増加」が認められたという報告もあります。

また、乏精子症の治療には「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが有効と言われています。
事実、テストステロン投与が乏精子症の改善に奏功する例が多数報告されていますが、ある病院で、テストステロン投与群と高麗人参投与群に分けて臨床実験を行なったところ、高麗人参群のほうが上回る成果を得たという報告があります。

高麗人参には、身体機能の不具合をバランスよく改善する働きがあります。
男性機能、女性機能ともに、理想的に改善する成果が見られたとしても、特に驚くには値しないでしょう。